図書館戦争 有川 浩 (角川文庫)

文庫になったので、読んでみよう(その1) 登場人物それぞれのイメージが、自分が若者の頃?見ていた、典型的なアニメキャラでぴったりな印象。と、思っていたら、既にアニメ化されていたのか、そういえば聞いたことがあったかな。 実際のアニメのイメージ、顔、声に影響されたくないので、シリーズ全巻読み終えるまでは、アニメの方の情報には触れ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」くるり

間違いなく、現時点で、頭の中ガンガン鳴ってるミュージック、 ヘビーローテーションはこのアルバムです。 今年の暫定第1位アルバム。 は~ あっちちのち~ レレレのレ 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)ビクターエンタテインメント 2010-09-08 くるり ユーザレビュー:あぁ心に染みる魔法の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン(リスト編曲)交響曲第9番《合唱》 シプリアン・カツァリス

このCD、@micromicrophone(ミト)さんのTwitterで知りました。 『Hardcore "Classic" Tune』vol.16というイベントで聞いた一枚とのこと。 ミトさんのつぶやきを読んで、どんな音なのか興味津々。早速タワレコ通販で購入しました。 ベートーベン交響曲のピアノ版があることは知っていたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武士道シックスティーン 誉田哲也(文春文庫)

待望の文庫化。噂どおりの面白さで一気読みしました。 しかし、映画化を知ってから読んだので、成海璃子と北乃きいのイメージがずっとつきまとってしまったかな。 北乃きいで早苗はイメージどおりでしょう。 香織を成海璃子では、原作とはちょっと違うところもあるけれど、さて、どのように演じてくれるかな。きつい目つきでどんどん乱暴な台詞を吐い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽堂 矢野顕子(その2)

耳をすませて、じっと、何度も聞いている。 耳が慣れてきたのだろうか、だんだん歌が聞こえてきた。言葉が見えてきた。 でも、このCDの歌とピアノの音量のバランス。どうしてこうなっているんだろう? ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツ、「「音楽堂」ができるまで。」 吉野金次さんのエピソードや、ピアノの調律(調教?)の話、とても興味深いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽堂 矢野顕子

音楽堂にピアノが鳴り響いている。 ピアノの響きの向こうで矢野顕子さんが何やら歌っている。 歌声は確実に存在しているのだけれど、なんだかよく聞こえない。 オーディオのボリュームを上げてみる。ピアノの響きも大きくなる。おんなじだ。 ボリュームを普通に戻す。耳をよ~く、澄ましてみることにする。歌詞カードも開いてみる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Falling In Love At A Coffee Shop   Landon Pigg 

2009年3月31日より復活した、NHK-FM Motoharu Radio Show。 その第1回放送のラストナンバーが、この曲でした。 番組のウェブサイトがあり、放送終了後にプレイリストが掲載されるのですが、 曲によっては、iTunesストアへのリンクがついているので、 私は毎週、買える曲すべてを、大人買い(?)しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more