ベートーヴェン(リスト編曲)交響曲第9番《合唱》 シプリアン・カツァリス

このCD、@micromicrophone(ミト)さんのTwitterで知りました。
『Hardcore "Classic" Tune』vol.16というイベントで聞いた一枚とのこと。
ミトさんのつぶやきを読んで、どんな音なのか興味津々。早速タワレコ通販で購入しました。

ベートーベン交響曲のピアノ版があることは知っていたのですが、聞いたのは今回初めて。
オーケストラ全編をピアノ1台で再現しているのにびっくり。
ピアノ一台なのにオーケストラの音や合唱がどんどん聞こえてくる。
もちろん原曲を知っているからなんでしょうが、ストリングスやティンパニーが本当に聞こえる気がする。

全交響曲をピアノ編曲しているなんて、リストってベートーベン大好きだったのかな。
がんがん引きこなしているピアニスト(カツァリス)もすごいですね。


ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第9番 「合唱」
ダブリューイーエー・ジャパン
1999-11-25
カツァリス(シプリアン)

ユーザレビュー:
ピアノの可能性素晴ら ...
ピアノ版も聴いてみて ...
緊迫するスケルツォ未 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント