音楽堂 矢野顕子(その2)

耳をすませて、じっと、何度も聞いている。
耳が慣れてきたのだろうか、だんだん歌が聞こえてきた。言葉が見えてきた。
でも、このCDの歌とピアノの音量のバランス。どうしてこうなっているんだろう?

ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツ、「「音楽堂」ができるまで。」
吉野金次さんのエピソードや、ピアノの調律(調教?)の話、とても興味深いです。

CDの最後の曲、「いい日旅立ち」
これにはちょっと驚いた。
世界のどこかで、あなたを待っている人がいるって、矢野顕子さんは歌っている。
今まで気づいていなかった、新しい世界がぱっと開けたような感じ。とてもいいです。



音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート [DVD]
バウンディ
2007-04-25

ユーザレビュー:
矢野顕子のELLEG ...
只のエンジニアなのに ...
はっぴいえんど細野さ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"音楽堂 矢野顕子(その2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント